スマイルゼミを小学1年生が受講した感想【レビュー】

スマイルゼミの記事のアイキャッチ こども関係

娘がスマイルゼミを始めて7ヶ月が経ちました。この7ヶ月で『良いところ』『これどうなの?』が見えてきたのでレビューしたいと思います。

スマイルゼミにしたきっかけ

スマイルゼミを受講する漫画

藤木直人さんが出てたらとりあえず資料請求しちゃいますよね~

私自身は小学生と中学生の時に『進研ゼミ』を受講していました。(頑張ってやるのは最初だけなのでいつも母に叱られてましたが…)

なので私の頭には進研ゼミ以外選択肢がなかったんです。でも調べてみると結構他にもあるんですね!その中でスマイルゼミと進研ゼミに資料請求してみて娘自身に決めてもらおうと思いました。(もししないのならそれでもいいかなーと)

資料を見てスマイルゼミを選んだ

だいぶ前のことなので手元にもう資料はないのですが、スマイルゼミの方は結構分厚い資料が届いたと記憶しています。

進研ゼミの方はコースが2つに分かれていて、タブレットで勉強するコースと今までのようにワークが届いて記入するコースがありました。

スマイルゼミはタブレット一択。教材がどんどん増えていくのが嫌だった私はタブレットと決めていたので、進研ゼミもタブレットの資料を娘に見せました。

どちらも子どもの『好奇心』に働きかけるような資料でした。

それを見比べて娘は「スマイルゼミにする!」と。

この時なぜそちらを選んだのか聞いても「なんとなく」だったので今回「進研ゼミとスマイルゼミの比較」はテーマにしていません。あくまで「スマイルゼミの感想」です。

スマイルゼミのメリット

おしゃれなタブレット

こちらが現物です。

スマイルゼミの写真

スマイルゼミのタブレットの写真

見てください…思わず大人も欲しくなるようなスタイリッシュ感!

お洒落ですよね…私の方が興奮でした(笑)

スマイルゼミのロゴがシンプルで私好みです。これならリビングにドーンと置いていてもインテリアの邪魔しないかも…!うちは本棚に収納してるのですが、全く主張していないし馴染むので良いです!

とにかく書きやすい!

こちら、私が娘の借りて書いたものです。

スマイルゼミに文字を描いた写真

わかりますか?文字がぶれてないんです!これすごい!

ペン先のズレや、時差もほぼないのでとっても書きやすいです。

ただ、最初の段階では液晶パネルはツルツルでペンも滑ってしまい書き心地としてはいまいちでした。そこでスマイルゼミ専用の液晶パネルシートをネットで購入。

それを貼ると驚くほど書き心地がアップしました!

 

滑らないのでノートに鉛筆で書いてるみたい!

動画はこちらになります。伝わるかな…

滑らなくなるだけで書き心地が全く違うので、シートはぜひおすすめです!

親が勉強時間、勉強内容等の把握ができる

最初に設定すると、子どもがスマイルゼミを始めたら親に連絡が来るようになります。そして親だけがログインできる場所にログインすると、子どもの勉強内容、成績、得意不得意が一目瞭然なのです!
これ、私は最初「そんなに把握してもなー…窮屈なだけなのでは?」と思ってたのですが子どものモチベーションを上げるのにすごくイイと気づいてから結構使わせてもらってます。
親が勉強した内容、成績を把握してると、とにかく具体的に褒めることができます!
 
勉強を「した」「しない」ももちろん褒めることができるのですが、「ここができたね」「あなたはここが得意なんだね」「この前よりできるようになってるよ」等、具体的に褒められるんです。
このシステムすごくいいなと思います。監視されてると思うと窮屈だけど、私は主に褒める内容を見る為に確認しています。
見られることがイヤだという感覚をもってしまうとスマイルゼミそのものから遠ざかってしまうかなーと…
どう使うかは人それぞれだと思いますが、うちの場合はこうしてます。

親とメッセージのやりとりができる!

LINEのようなスマイルゼミ特有のトークアプリがあります。それを使って登録した人とだけメッセージのやりとりをすることができます。

これがすごくイイのです。

仕事中の父親とコミュニケーション取ってみたり、今日やった勉強の報告をしてみたり、タブレットで撮った写真を共有したり…スマイルゼミを開く機会が増えます。

私達は娘とメッセージをやりとりできて嬉しいし、娘も楽しそう。そしてスマイルゼミを開くきっかけにもなる。開いたら「ちちょっとやっておこうかな」となるみたいです。

自分の成果を報告できて、その場で言葉をかけてもらえる、そしてそれがタブレットに残る。

モチベーションアップに繋がります!

 

スマイルゼミのデメリット

紙じゃない

今更なんだと思うかもしれませんが、小学校は今もノートに書き取し授業です。いくら近いとはいえ、タブレットに書くのと紙に書くのとでは違います。

あとスマイルゼミは文字が多少崩れていても認識してくれます。それが紙ではそうはいかないので、紙に書くことも大切だなーとは思います。

目への影響

やはりタブレット。目との距離も近いのでそこは心配です。

ブルーライトカットのシートもあったのですが、うちは書き心地を優先するため、書き心地がよいシートを貼っています。

そしてスマイルゼミをするときは娘にブルーライトカットのメガネをつけさせています。

楽しくてついつい長時間になってしまうので、気になる方はそういう対策は必須なのかなーと思います。

以上がスマイルゼミの感想となります!

これから使っていくうちに色々感想が増えるかと思います。なのでその都度追記していきたいです。

必需品について

スマイルゼミのタブレットを使うにあたって「これを揃えておいた方がいいよ~」というものがあります。

 

  • タブレット画面に貼るシート
  • ペンの替え芯

 

この2つです!

シートは上の方でも話した通り、あるのとないのとでは本当に違うので我が子に合ったシートを選んでみてください!(色々種類があります)

あと必需品なのはペンの替え芯。(スマイルゼミのペンは芯が減ったら芯を抜いて替える使用になっております)

こどもって筆圧強かったりするので最初のうちは力加減がわからず芯減りがちです!

しかし、最初に届く荷物の中に『替え芯』は入っておりません!なので最初の方で替え芯を買っておかないと…

親「芯が減ってる!これはもう書けない!届くまでちょっとスマイルゼミはやらないで~~~ごめん!」

子「え~今やりたいのに!いつ届くの!!!」

と子どものモチベーションが下がっちゃうかも…(うちがそうでした)

替え芯はスマイルゼミのネットショップで購入することができます。

 

 

 

「スマイルゼミどうなのかな~」と悩んでいるあなたの参考になれば嬉しいです。

 

ここまで読んでくださりありがとうございました!

よしはな

コメント

  1. k_k_life より:

    藤木直人強し!
    そして、よしはなさん字がお綺麗ですね╰(*´︶`*)╯♡ 書道や硬筆を習っていらしたのでしょうか?

  2. yoshihanahana より:

    >小池さん
    コメントありがとうございます!藤木直人は強かったです…!(笑)
    わわ!嬉しいです(;▽;)書道は幼稚園の頃に習っていました!